有益な特性と害、利益と害

当然のことながら、ナチュラルワインはこれらすべての成分の豊富な供給源と見なすことができます。 しかし、アルコールが存在すると、マルチビタミン複合体としての使用に深刻な制限が生じます。

したがって、専門家は、強化されていない赤ワインを使用するための最大の基準はXNUMX日あたりXNUMXリットルの飲み物であり、最適はXNUMX杯以下であると信じています. さらに、いくつかの国では、ワインの定期的な使用のために、ワインの急速な分裂の性質を遺伝的に形成しました。 その結果、同じフランス人とモルドバ人がそのような高貴な飲み物の規範を安全に使用することができ、それはすぐに他の国の代表者の肝硬変につながります。

そして、添加物、防腐剤、染料を使わずに、自然なワインだけがその特性において有用であると考えられることは間違いありません。 計算するのは非常に簡単です。最も高価なブランドであっても、自然な赤ワインはほとんどの場合、悪とは考えられない沈殿物を生成します。 しかし、ワインの過度の飲酒は決して有益ではなく、他のタイプのアルコール飲料の使用と同じ結果につながります: アルコール依存症、肝硬変、神経障害.

そして最後に。 ワインの有益な特性は、果物、ベリー、ハーブの発酵製品であることを認識せざるを得ません。 タンポポのワインでさえ存在することは多くの人にとって驚きではありません。 それらのすべては特定の有用な物質を含み、適度に使用されると、体に有益な効果をもたらす可能性があります。

しかし、ここでのキーワードは「測定」と「できる」です。 最も有用なナチュラル ワインやリキュールを使用したとしても、毎日何リットルもの治療を行っても、フレンチ パラドックスの繰り返しを保証するものではありません。 さらに、フランス人自身が宣言しています。彼らの健康の理由は、健康的なライフスタイルと世界に対する正しい態度にあります。 そして、ワインはこれのほんの小さなサポートです。

有益な特性と害、利益と害
このページをブックマークできます

アンナ・エヴァンス

著者-編集者

AnnaEvansによる投稿をすべて表示→
リンクをコピーする