ウサギのワームと民間療法による治療方法

うさぎはとても遊び心があり元気な動物で、喜んで戯れます。健康なうさぎは食欲が旺盛で、常に何かを噛みます。 すべてが正常であれば、成長は速く、コートは滑らかで魅力的になります。 こういうわけで、うさぎはたくさん食べたり飲んだりしますが、体重が増えずに体重が減り、毛皮が色あせて、遊び心がなくなり、無気力になり、隅に座っているだけの状況があります。 。 ここでは、理由は大きく異なる可能性がありますが、ほとんどの場合、ウサギの体を襲った蠕虫について話します。

ウサギのワームと民間療法による治療方法

ウサギのワームはさまざまな理由で発生する可能性がありますが、ほとんどの場合、ウサギのワームは不適切なケアが原因で発生します。 あなたが有能な治療法を使用すれば、ワームからのウサギ、ワームからのウサギを救うことができます。 ウサギの場合、ウサギでは、実験を許可するのではなく、最も実績のある手段のみを使用する必要があります。 さらに、手段は動物が害を及ぼさないような方法で使用されなければなりません。

感染はどのように行われますか?

犬や猫など、通りを自由に歩き回るペットは、ペットが何を食べたかを追跡することは常に可能ではないため、ワームを非常に簡単に拾うことができます。 たとえば、甘やかされて育ったソーセージが地面に横たわっていて、その中には虫の巣全体があり、動物の即時感染につながります。 同じことがウサギでも起こり得ます。ウサギは時々新鮮な空気の中を歩きます。潜伏期間中、ワームが体内で増殖するとき、ワームはまだ現れません。 すべてのウサギの治療におけるワームは、最も異なることを意味します。

ウサギの体に影響を与えるワームにはいくつかの種類がありますが、最も一般的なのは条虫、吸虫、回虫です。 また、非常に一般的で非常に危険なのは、肛門に卵を産むウサギの蠕虫です。 一定時間後、ワームの幼虫は動物の糞便に見られます。

家にいるだけで外出しない場合でも、他のペットに感染しやすいので注意が必要です。 繰り返しになりますが、この病気の潜行性については、ワームが動物の体を完全に占領している場合でも明らかな症状が現れるという事実にあります。

このような寄生虫は腸の残骸を食べ、粘膜に非常に悪影響を及ぼし、体の中毒を引き起こす可能性もあります。 体内には常に小さな傷の場所があり、そこに有害なバクテリアが殺到し、炎症を引き起こします。 そして、ここではすべてがすでに耳の耳にとって非常に危険です。治療が時間通りに開始されない場合、死亡は非常に頻繁に起こります。

ウサギのワームと民間療法による治療方法

症状について

動物がワームに感染している場合、症状は次のようになります。

  • 動物は常に喉が渇いていますが、決して酔うことはできません。トイレに頻繁に行く間、これらは症状です。
  • 糞便は緑がかった色合いになります。一般に、問題は消化から始まり、便秘、下痢です。ごみの不均一な一貫性に注意を払う必要があります。
  • 食欲に関しては、ここでは症状が極端に異なります。つまり、動物はたくさん食べることができるか、実質的に完全に食べるのをやめることができます。
  • ウールなどの症状に注意を払う必要があります。それは鈍くなり、細片が登る可能性があり、魅力がないように見えます。
  • 目が曇り始めます。
  • ウサギは並外れた無気力を示し、常に横になりたがり、実際には動かない。
  • 彼の肛門は絶えずかゆみを伴い、床の裏側をいじくりまわします。

動物の行動を常に監視している場合、そのような兆候に気付くのは難しくありませんが、正確な診断を下すには十分ではないため、すぐに治療を開始しないでください。 それでも治療が必要な場合は、その後、強制的な予防措置が必要です。 病気の兆候は異なる場合がありますが、動物をはんだ付けする場合は、非常に有用な薬を使用する必要があり、動物が蠕虫を完全に取り除くように十分に与える必要があります。

診断について

蠕虫が急速に増殖すると、動物の糞便から簡単に検出できます。 さて、あなたは特別な検査をする必要があります。 ただし、糞便には必ずしも虫の幼虫や卵が含まれているとは限らないというニュアンスがあり、XNUMX日以内に数回塗抹標本を採取する必要があります。

より正確なデータが必要な場合は、血液検査を行うことをお勧めします。 動物が感染すると、分析からわかるように、血液組成が大幅に変化します。 寄生虫と戦う多くの抗体が血液中に蓄積します。 そのような動物の肉は食物に適していないということはすぐに言わなければなりません。

治療が正しければ予防策があれば、うさぎを回復させることができます。 したがって、ウサギのワームを効果的に駆除することができます。主なことは、適切な駆虫薬を選択することです。そうすれば、自信を持って駆虫薬を使用できます。

治療について

あなたが薬で病気を治療する場合、ここで最も一般的なのは注射器を通して皮膚の下に注射されるそのような薬です。 注射器も予防策として使われていると言わざるを得ませんが、それほど頻繁ではありません。 薬を選択するときは、獣医師に相談することが不可欠であり、いかなる場合でも過剰摂取が許可された場合、結果は最も否定的なものになる可能性があります。 したがって、治療方法を決定する前に、まず専門家に相談する必要があります。 耳のある耳を薬と一緒に飲むことは非常に効果的ですが、有能な駆虫動物はすでに効果的に寄生虫と戦うことができるので、ここでは専門家との強制的な相談が必要です。

ウサギのワームと民間療法による治療方法

民間療法について

耳のあるペットのワームは、伝統的な薬だけでなく、伝統的な薬の方法の助けを借りて治療することが可能です。 さらに、時には高価な薬とは異なり、そのような資金は完全に無料です。 たとえば、タンジーやよもぎはウサギの体に優れた効果をもたらします。 冬の時期について言えば、動物がかじるのが大好きな針は優れた道具です。 そのような植物は予防として定期的に動物の食事に含まれるべきです。

よもぎによる治療は非常に効果的です。ウサギがよもぎを食べると、食欲が大幅に向上します。 このハーブはウサギだけでなく、人々にも完璧に役立つと言わざるを得ません。 よもぎを干し草に30%、よもぎ70%の割合で加えるとよいでしょう。

夏には、うさぎにタンジーを与えることをお勧めします。これは非常に便利であるだけでなく、美しい植物でもあります。 この方法で動物を駆除した場合、民間療法を使用して動物を駆除するのはそれほど簡単ではないことを理解する必要があります。ワームは非常に粘り強いです。 しかし、病気の兆候が感じられたら、ウサギを救うような治療法を与える必要があります。

ウサギのワームと民間療法による治療方法

治療後の予防

予防は非常に重要です、これは覚えておく必要があります。 動物が病気の場合、感染した耳との接触は非常に危険であるため、他の人や人からすぐに隔離する必要があります。病気の動物の世話は手袋で行う必要があります。 糞便については、できるだけ早く処分し、動物がトイレに行った場所はできるだけ早く消毒する必要があります。 また、病気の動物の世話は手袋でのみ行う必要があるため、予防にも真剣な取り組みが必要です。

糞便については、できるだけ早く処分し、ふわふわがトイレに行く場所はできるだけ早く掃除する必要があります。 また、これはワームの幼虫が可能な限り自由に感じる方法であるため、ケージ内に湿った干し草を入れることは絶対に許可されるべきではありません。 だからあなたのペットを効果的に駆除すればあなたは元気になるでしょう。

ウサギのワームと民間療法による治療方法
このページをブックマークできます

アンナ・エヴァンス

著者-編集者

AnnaEvansによる投稿をすべて表示→
リンクをコピーする