うさぎに鼻づまりがあったらどうするか、そしてそれをどのように治療するか?

うさぎの鼻水はかなり一般的な病気です。 それは動物自身とその飼い主の両方に多くの問題を引き起こす可能性があります。 通常、ウサギはアレルギー反応や風邪のために鼻水が出ます。 また、原因は感染症を指す鼻炎である可能性があります。 この場合、所有者は何をすべきですか? ウサギの鼻を治す方法は? これについては、この記事で説明します。

うさぎに鼻づまりがあったらどうするか、そしてそれをどのように治療するか?

重要! ウサギのアレルギーは、自然の要因や食べ物によって発症する可能性があります。 通常、鼻水は単純なほこりを引き起こす可能性があります。

ほこりは、彼が食べる干し草と一緒にウサギに到達する可能性があります。 ケージがほこりのない場所にあることを確認することも重要です。 このようにして、鼻水を引き起こす外部の負の要因からウサギを救うことができます。

ペットの体の同様の反応は、彼がアレルギーを持っている食物に対するものかもしれません。 ウサギの鼻水の正確な原因を特定するには、専門の獣医を招待する価値があります。

風邪も病気の原因となる可能性があります。 これは、ウサギの世話が不十分であるという事実によるものです。 彼の住居は寒い部屋または換気された部屋にあります。 不適切または不均衡な栄養のために、ペットの体は弱くなり、したがって風邪にかかりやすくなります。

重要! ウサギは、体内にビタミンがほとんどない冬や春に主に病気になる可能性があります。

多くのウサギの鼻水は、鼻炎が原因で現れる可能性があります。 この場合、感染は空気または食器を介して他の人に感染する可能性もあります。 鼻炎が他のペットに感染する場合もあります。

風邪の症状は、病気の直後に現れることがあります。 これには早急な治療が必要です。 医師は病気の瞬間から6〜7日後にのみ正確な診断を下すことができます。 風邪はさまざまな方法で発症する可能性があります。 病気がひどい場合は、死に至る可能性もあります。

病気が慢性的なものに発展するとき、その経過のタイミングは異なるかもしれません。 この場合、動物は異なる年数生きることができます。 ペットが1〜1.5ヶ月で死亡する場合があります。

慢性疾患は、肺や他の臓器に損傷を与える可能性があります。 そのようなウサギを食べることは不可能です。

症状

白い鼻水、粘液、くしゃみがこの病気の最初の兆候です。 このような症状が現れた場合、その個体は他の動物とは別に定住する必要があります。 病気の原因、つまり一般的な風邪や鼻炎を正確に特定することも重要です。

排出物に膿の粒子がある場合、これは鼻炎の兆候です。 しかし、ここでは正しい診断を下す専門家にあなたのペットを見せることが重要です。

うさぎが病気になると、鼻をかいたり、喘鳴したり、体温が上がったりします。 彼は食べるのをやめ、体重を減らし始めます。

うさぎに鼻づまりがあったらどうするか、そしてそれをどのように治療するか?

治療

ウサギの鼻水を治療する方法を誰もが知っているわけではありません。 事前に、獣医師は分析のために動物から血液を採取する必要があります。 また、動物の飼い主は一般的な対策を講じる必要がありますが、これは場合によっては投薬よりも効果的です。

患者はすぐに別の独房に移されなければならず、彼の古い居住地と食器は消毒剤で治療されるべきです。 沸騰したお湯やホルマリンを使って処理することもできます。

患者の栄養に特別な注意を払うことが重要です。 ウサギは、獣医の薬局にあるビタミンと微量元素で治療されます。 そのような資金は動物の餌に加えられるべきであり、そして彼にビタミンが豊富なより多くの餌を与えるべきです。 これは、ウサギの免疫力を強化し、回復をスピードアップするのに役立ちます。

これらの方法を使用した後、ペットの状態が改善しない場合は、薬の使用に進む必要があります。 また、一部のペットの飼い主は民俗的な方法を使用することができます。

うさぎに鼻づまりがあったらどうするか、そしてそれをどのように治療するか?

女性の病気

妊娠中にウサギが病気になった場合、彼女は健康なウサギを出産する可能性があるため、すぐに虐殺しないでください。 何をする必要がありますか? 出産後は、ウサギを母親から離乳させ、ピペットで餌を与える価値があります。 また、赤ちゃんは別の女性と一緒に植えることができます。

ダイエット

病気のウサギの餌はさまざまな方法で与えることができます。 ここでは、医師は制限を設定していません。 しかし同時に、製品がビタミンやミネラルに富んでいることを確認する価値があります。 カモミールまたはバジルは、動物の免疫をサポートすることができます。 また、ウサギはこれらのハーブの煎じ薬を飲むように与えることができます。

病気のとき、ウサギは暖かいケージが必要になります。 寒い季節には、病気の動物を家に連れて行かなければなりません。

防止

以下の簡単なルールに従えば、病気の発症を防ぐことができます。 これは:

  • ウサギの病気の症状を時間内に特定するために、定期的にウサギを検査してください。
  • 動物が強力な免疫を形成できるように、衛生状態を観察してください。
  • ウサギが住む部屋では、一定の温度と湿度を維持することが重要です。 ドラフトを取り除くことも価値があります。
  • 水は頻繁に交換する必要があります。 寒くも暑くもないことを確認することが重要です。
  • 食事は完全で多様にする必要があります。
  • ペットは定期的に予防接種を受ける必要があります。
  • 動物が生息する在庫と施設の消毒は、7日にXNUMX回実施する必要があります。

サマリー

動物に鼻水がある場合は、すぐに鼻水治療を開始する必要があります。 これを行うには、最初に病気の発症の原因を特定することが重要です。 獣医師だけがこれを行うことができます。 動物が合併症を示さないように、治療は複雑な場所で、医師の監督下でのみ実施する必要があります。 治療中は、動物の世話をする必要があります。 専門家によると、そのような病気の症状を治療するよりも予防​​する方が簡単です。

うさぎに鼻づまりがあったらどうするか、そしてそれをどのように治療するか?
このページをブックマークできます

アンナ・エヴァンス

著者-編集者

AnnaEvansによる投稿をすべて表示→
リンクをコピーする